ピタゴラスの定理とは、直角三角形の3辺の長さの関係を表す等式です。

広告

三平方の定理とも呼ばれます。

a*a+b*b=c*cという公式ですが、Jw_cadを使う人たちには常識ですね。

現実には直角でない角で構成される図形を扱うことが多いのですが、これを踏まえないとsin cos tanの話に進めません。

私も小学校の時に本にsin cos tanと書いてあって何だろうと思い調べ、高校で習うことを知りました。

高校に進んでやっとこれがどういうものなのかわかりました。

大学受験の勉強で、難しい問題を解いて理解が進みました。

仕事では、今はわざわざ関数電卓片手にはじくことはなく、パソコンのソフトで三角関数を扱うような計算はやってくれるので助かりますが、理論を知らないとたぶんあやしいでしょう。

それにしても、ピタゴラスの定理は美しい公式です。

30度や45度の角の三角形の3辺の比を簡単な数字で表せるのは奇跡です。

こういう美しさに触れると、シミュレーション世界を思い浮かべてしまいます。

考えすぎかもしれませんが。

関連コンテンツ

広告