Jw_cadとVisio間のデータ交換はDXF形式で行うようです。

広告

ただ、単純にDXFといってもバージョンがいろいろあり、相性が悪いと読み込めなかったり、正しく表示されなかったりします。

不具合の発生した場合には、次のようなソフトが役に立つ可能性があります。

若干の投資が必要ですが、武藤工業が出しているReViPSというDXFをDXFに変換するソフトを使用すると解決するかもしれません。

大体こんなソフトが必要なぐらい、DXFは読み込み時の解釈間違いのエラーが多いです。

●DXF変換・修復 | ReViPS(レヴィップス) | ムトーエンジニアリング
http://www.mutoh.co.jp/it/products/dataconv/revips/

一番速いのは、データの配布元と同じバージョンの同じソフトで開く事です。

違うソフトで開くと、どうしても不具合は避けられません。

直したり手間をかけているとどんどん時間が取られて、無駄にお金がかかってしまいます。

それを取引先に送っても、また無駄な時間を取らせてしまいますし、あまりいい事はないでしょう。

広告

関連コンテンツ