ベクターワークスとJw_cadのデータ変換について

広告

Vectorworks(ベクターワークス)とは、Nemetschek Vectorworks社(アメリカ)が開発する汎用CADソフトウェアです。

日本での販売元はエーアンドエー株式会社です。

動作環境はMac OS XおよびWindowsです。

2次元および3次元の座標系内でのベクトルデータとして、作図のほかデータベース・表計算・3Dレンダリングなどの機能を備えています。

基本的にベクトルデータを取り扱いますが、プレゼンテーションデータへの貼り付けやテクスチャーとしてラスタデータを取り込んで使うことも可能です。

基本的に双方DXF形式のファイルで、やりとりすることになります。

ベクターワークスからJw_cadにデータを渡す時、DXFのバージョン指定が出来るのなら、R12形式が良いそうです。
DXF→JWW の変換を 「JacConvert」というシェアウェアで行うのなら、2000形式まで大丈夫です。
●JacConvert
http://jacconvert.o.oo7.jp/

Jw_cadからベクターワークスにデータを渡すときも、DXF形式が良いようです。

JWW形式で渡された時は、Jw_cadがフリーソフトなのでネットからダウンロードしてインストールすれば、お金をかけずにDXFに変換する環境を作れます。

関連コンテンツ

広告