Windowsアクセサリのソフトであるペイントを使って、地図ファイルをBitmap形式に変換する方法をお探しですね。

広告

ペイントで[ファイル]メニューから[名前をつけて保存]でファイルの種類をBitmapにするのが重要なポイントです。

読み込むのに一番問題なのは、地図のファイル形式がどの形式かということです。

Windows10のペイントでは、PNG・TIFF・GIF・JPEG形式の読み込みに対応していて、保存するときにBitmap形式を選択すれば変換できます。

紙から画像ファイル形式でスキャンすると、この方法が使えます。

PDFの場合は、AdobePDFやAcrobatを使って画像を取り出し保存した後、ペイントなどで開き、Bitmap形式で保存します。

その他の場合、ハードコピーを取ります。

ハードコピーを取る方法を書いておきます。

①地図の画面が出てきたら、[Alt]キーと[PrintScreen]キーを同時押しし、クリップボードにコピーします。

②ペイントに貼り付けます。

③地図を切り取ります。

④閉じて、ペイントをもう一度起動し、キャンバスを小さくした後、貼り付けます。

⑤Bitmap形式で保存します。

関連コンテンツ

広告