RootProCADは比較的安価なCADソフトで、無償版も用意されているようです。

広告

DWGやDXF形式ファイル間の変換ソフトとして使うのに、便利だと言っている人もいます。

RootProCADが電気施工図に向いているかと言えば、ちょっとわかりません。

電気系で使うCADは、会社でないと購入できないような高価なCADシステムを使っている所が多そうです。

汎用CADでもできなくはないのですが、覚えることも多いし、行う工程数も考えるとなかなか大変です。

専用CADは高価でも慣れると使い易くていいのですが、覚えるとっかかりに、書籍が無いのでちょっと大変です。

会社でわかる人に教えてもらいながら、覚えるしかないです。

あと専用CADを使う業界に入ったら、もうあまり転職しないように戦略を立てていかないと駄目ですね。

会社毎に違うCADを使っていて、転職する度に一から覚え直す羽目になります。

歳を取るとつらいです。

何年もかけて覚えたCADのスキルが無になる瞬間って、泣きたくなります。

頑張りましょう。

関連コンテンツ

広告