天空率(てんくうりつ)とは、おもに建築設計において、天空の占める立体角投射率のことをいいます。

広告

ある地点からどれだけ天空が見込まれるかを示し、100%が「全方向に天空を望む」状態、0%が「天空がすべて塞がれた状態」です。

建築基準法において、建築物の立体形状に対する制限の一要因という位置づけとなっていますが、これは平成14年建築基準法改正において斜線制限の緩和条件として盛り込まれたものです。

そこでは、斜線制限の範囲内で建てられる建築物と同等以上の天空率を建築物の周辺で確保できることが緩和条件となっています。

天空率の計算のために同心円状に天空をマッピングしたものを天空図といいます。

これは魚眼レンズで天空を撮影した写真と同等になります。

また、建築学への環境工学的・心理学的なアプローチにおいても、空間の開放感や閉塞感を定量的にあらわす指標としても天空率は用いられます。

Jw_cadで天空図を作成練習したいようですが、これで飯を食べていく覚悟ができているなら、大きな本屋さんかAmazonで上級者向けの本を買った方がいいです。

ネットの情報は、わかる人向けに書いてある場合があり、できるかどうかわからない場合があります。

関連コンテンツ

広告