日影図(ひかげず、にちえいず)とは、建築物が造る影を時刻毎に平面図に書き込み図化したものです。

広告

周辺の建物が日影になる時間帯を把握することが出来ます。

日照権の判断基準となることから、裁判や調停の場では必須資料となります。

最近では、マンションなどの施行主が、あらかじめ住民説明用に作成する場合がほとんどです。

日影図のイメージを膨らませるため、Google画像検索で”日影図”を検索しましょう。

冬至の日の影を描画しています。

専用ソフトが無いと、影の線は引けません。

冬至の日の南中時刻は、12:00ではないですし、場所によっても南中高度・南中時刻は変わってきますし、天文学的計算も必要になってきます。

↓古いですが、参考リンクです。

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E5%BD%B1%E5%9B%B3%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%AE%E6%BC%94%E7%BF%92%E3%81%A8%E5%AE%9F%E5%8B%99-%E6%97%A5%E7%85%A7%E8%A8%88%E7%94%BB%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/dp/439500007X

関連コンテンツ

広告