天空率(てんくうりつ)とは、おもに建築設計において、天空の占める立体角投射率のことをいいます。

広告

ある地点からどれだけ天空が見込まれるかを示し、100%が「全方向に天空を望む」状態、0%が「天空がすべて塞がれた状態」です。

東京には、東京方式というのがあるそうです。

PCがあるおかげで、天空率を計算で求められるようになり、作られた用語かもしれません。

ネットにはいろいろな解説サイトがありますが、どれも専門家向けで難しいと思います。

建築・不動産関連の業界では、押さえておかなければならない用語です。

家に日が当たらなかったり、風通しが悪かったりすると、下手をすると生活に支障が出て損害が発生するので作られた規制でしょう。

私は田舎者なので、東京の大きなビルやマンションを見るとぞっとします。

こんな所に住めないと思います。

それに対し自宅の近所はのどかです。

車で大きな本屋に行けたり、映画館や図書館も近くにあるので、充分住みやすい所です。

広告

関連コンテンツ