点を線に変換するソフトとは、ラスタベクタ変換のことでしょうか。

広告

ラスタベクタ変換は、ピクセルの画素で構成されたBitmap画像のような画像データから、色の付いた直線など形を認識し、ベクトルデータに変換するソフトです。

CADデータ用とグラフィックスソフト用がありますが、いろいろ試してみないと良い悪いはわかりません。

思った通りの線を引いてくれるといいのですが、曲線の再現が悪いとか、時間を言わなければ図面のよくわかる人が線を引いたり、バイトの人に教えてやってもらったりした方が、思ったイメージに近いモノができあがるような気がします。

CADの場合、公図の写しが多いかもしれません。

グラフィック分野では細かいことを言わなければ、かなり実用的なシステムができつつあるそうです。

まとめサイトを見ると、ここまでできるのかと思わせるソフトもあったりします。

あと画像により、強い弱いもあったりするので、適材適所で利用する事で楽ができるかもしれません。

頑張って探しましょう。

関連コンテンツ

広告