mm2の読み方は平方ミリメートルです。

広告

例としてN/mm2の場合
ニュートン パー(毎) 平方ミリメートルです。

または
英語では
ニュートン パー スクエアード ミリメートル
ニュートン・パー・スケアミリ
だそうです。

単位は、物理の世界では非常に重要です。

単位が合っているか演算をしてみると、計算式が妥当かどうかわかる場合があります。

私も昔は物理少年だったのですが、もう今は駄目ですね。

学校から離れてしまうと、最後は忘れ残りしか当てにならないので。

高校までの勉強は、覚えておいた分、社会に出て何かと得になる事は多いのですが、大学・専門学校は仕事内容が専門分野から離れてしまうと、無駄な部分が多いです。

個人的に活用できる知識が得られる分野であれば、まだ生きるのですが、

大企業で会社の資本でないと用意できない材料をもとに、身につけたモノをどうこうするという分野は、自宅では何にも生きないので特にもったいないです。

その分野に入って継続できる人なら、まだいいのですが。

関連コンテンツ

広告